お金の介在しないセックス

昔は割り切りという言葉はなくて
援助交際、いわゆる援交をしていたわたくしですが、今になって思うのは当時は援交でなければ自分を保つことができなかったのであろうということです。

売春って不思議なもので、お金を貰った時点で自分のプライドがある程度保たれるんですね。漫画やドラマなんかで、病んでる風の女の子が売春で得た金を狂ったようにぶちまけて「お金なんて欲しくない!」とか叫ぶシーンを見かけますが、どうしてもあれには違和感があります。わたしの場合ですが、得た金によって身体は相手の思うがままにされたかも知れないが心までは売っていない、とプライドを強く保つことができていたわけです(たぶん)

売春で得た金は
自分は単なる淫乱女ではない、ということの証明になっていたんですね。
わたしは性欲以外の何か強い衝動に駆られて不特定多数とのセックスを繰り返していると確かに自覚していましたが、それを自分自身にも説明することができず、とりあえず「カネになるからー」ということで片付けていました。

売春していたのは19歳頃ですが、売春するということに対してあまり罪悪感は持っていませんでした。むしろお金を貰う以上、その対価に見合ったことをしなければならないと思っていました。
相手の要求は、よほどのことではない限り断りませんでしたし、嫌な顔を見せることなくいつも笑顔でサービス精神いっぱいで、相手には金を払って良かったと言わせたいと思っていました。
「こんな事やめて俺と付き合おう」と言ってくれた奇特な人も何人かいたのですが、その人に対してこちらも少しの情が移っていたとしても、そう言われた時点で2度と会いませんでした。「カネにならない男とは絶対にヤらない。なぜなら意味がないから」というこだわりが物凄く強く、その決め事がわたしの心を支えていました。
当時は彼氏が途切れることがなく、常に命をかけてしまうほどのめり込んでいましたが売春は決してやめなかったし、売春相手が彼氏になることは絶対になかったのです。

今だにセックスしまくっていることが恥ずかしくなったり、病気ではないかと不安になったりする事はもちろんありますが、年を取り好きなようにセックスすることができるようになったのはとても良いことだと思っています。今でも明確な理由はわからないし、自制の効かない強い衝動でセックスしますが、やりたいからやる、それでいいのだと。それがわたしなりの心のバランスの取り方であり、不特定多数とセックスをすることはそれほど大げさものではなく軽い趣味くらいの楽しみ方なのであると。
そして若い時はお金が介在しなければセックスできなかったけれど、今はそれがないことで実は相手と非常にフェアな関係を築けるのだなということもわかりました。

売春や風俗時代は相手を人間と見ることが難しく、非常に馬鹿にしたような、虫けらを見るような気持ちでセックスをしていたので、相手の本質を探るようなことは決してなく早く忘れてしまいたいと記憶も途切れ途切れだったのですが、今は日記を書きたいという目的もあるので相手をよく観察するようになり、それゆえ発見もあり、それはわたし的にはとても新鮮で面白く、やりがいがあるのです。

 

松居一代考

傷付いた分だけ人には優しくできるものだとよく言いますが、世にいるダメ男が大好きな女性の、愛する男に対する自己犠牲の精神は群を抜いていると思います。
ダメ男にいくら傷付けられても、彼が自分を傷付けるのは自分に問題があるからと反省し、もっと優しくしたい、もっと尽くそう…いう思考で生きています。

そうして傷付いて傷付いて…尽くしても報われず裏切られ、それでも尽くして…という事を繰り返してきた女性は、森羅万象を知ったかのような達観した菩薩のような眼力を持つようになると感じます。その瞳は慈愛に満ちていて、とても優しく、人を包み込むような力を持っているようにわたしには思えるのです。

それを感じるのが松居一代なんですけど、他にも安藤和津朝丘雪路など遊び人の夫を持つ熟女はその雰囲気をまとっていると感じます。だめんず好きのわたしにとっては、その苦しみを乗り超えた場所にいる熟女の方々がとても眩しく、憧れの存在になっていたのです。

ですから松居一代の言動を見ていて、とても複雑な心境になりました。あの優しい眼差しは消え、完全に狂人の眼になってしまった。

ですが、松居一代は様々な分野で才能を発揮させ莫大な資産を築いた成功者であることに間違いなく、そこに至るためには凄まじい苦労はもちろんあったのでしょうが、それは松居一代の、何に対しも病的なほどにがむしゃらに取り組んでしまうまじめな性格が影響していると思われ、ですから対象の男に対しても同じように強烈に愛し過ぎてしまっただけであって、それが仏のような達観した境地に至るか、狂気的な境地に至るかは紙一重なのかも知れません。

 

 

新しいサイトで活動する

2週間ほど前から新しいサイトで精力的に狩りを始めたわたくしですが、男女共に完全無料なせいかお誘いメール1通の熱量が凄まじく低く、お相手探しに苦戦しておりました(今なにしてるのー?みたいな軽いメッセージばっか)
お相手を探す際には無駄なやり取りをしない主義ですし日常会話風やり取りも大嫌いですし直接的な表現も嫌いですし気分屋の上に超せっかちで場当たり的な約束しかできないので「今なにしてるのー?」に対して「1時間以内にお相手決めたいのですが」みたいな返信をして警戒され終了…という負け戦ばかりで日々は過ぎていきました。

そうこうしていると、昨夜わりと丁寧なお誘いメールが届き、これは慎重にやらねば…と気合いを入れて「いま暇です。とりあえずお話でもします?」とすごく普通な感じを装って返信。

相手「ぼくも暇ですけどさすがに今から(深夜1時くらい)は無理ですよね」

わたし「いえ今が暇なんです」(せっかち)

相手「それがぼくは明日早い時間から仕事でして…明日の夕方またメールしますので気が向いたら返信ください」

わたし「いえもう大丈夫です」

という何様なやり取りをして終了しました。

そんで今朝、午前中から会える人を募集していたら、その人から「仕事が午後からになりました。会えませんか?」と来る。
「わたしでよければー」と返信し(簡単)待ち合わせ場所を決め会うことにする。

待ち合わせ場所に着くと、1分前にサイト内からメッセージ届いており「着きましたー」と。

わたし「わたしも着きましたよー」

相手「ツルハの裏あたりです」

わたし「それだけじゃ探せません」

相手「え?どこに行けばいい?車で来たんですか?」

わたし「車種とか言えないのなぜですか?もういいや」

なんでかわからないけど急にブチ切れて車を発進させるわたし…(荒々しい)

相手「車種はシルバーの○○です。ツルハ裏2列目にいます。今外に出て立っています。黒いTシャツを着ています」

…うんまぁ最初からそう言えよ…と許してやり(何様)また待ち合わせ場所に戻るわたし。メールではブチ切れたくせにヘラヘラしながら「どうもー!」と爽やかに声をかける(完全にメンヘラ風)

相手「いやごめんね、わからなかったよね」

わたし「いえいえわたしこそすみません。わたし無駄なターンが嫌いで普段はおとなしいのにそれされちゃうときだけ急にキレちゃうんです…すみません」

相手「…そ、そうなんだ…まぁ…無駄だったよね…ごめんね」

【矢柴似のスペック】
年齢:46歳
身長:180センチくらい
体重:70キロくらい
性格:用心深そうだけど馴れ馴れしい
仕事:自営業
最近の悩み:23歳の女の子に言い寄られたけどその気になれない
誰似:矢柴俊博(激似)
ちんこ:8.3(10段階)

長身で黒縁めがねインテリ風…という外見的にはかなりタイプな感じでした。

矢柴「あのサイト、ほんとに久々に見たんだよね。そしたら日記面白くてついメールしちゃった。日記だけ見たら頭のおかしな人なのかな?って思ったけどすごく普通の人なんだね」

わたし「え?日記なんてほとんど書いてないのに…」

矢柴「ああ…うんまあそうだけど自分のことやりまんって、キャッチーで面白いなって。で、やりまんなの??」

わたし「けっこうやりまんですけど…」

矢柴「あはは…そうなんだ。エッチ好きなんだ?」

わたし「…あのですね…セックス好きとかいう簡単な話じゃないんですよ。こう、なんていうかもっと内から沸き起こる激しい衝動というかですね…(その後わたしのやりまん談議続く)ですからただのセックス好きって思われたら心外なんです」

矢柴「…ほ、ほう…なんとなくね…君がただのやりまんじゃないってことはわかった。というか君はやりまんではないのだね。やりまんはエッチ好きだもん」

わたし「いや…セックスは好きですよ。それにやりまんの定義はプロではなくタダで不特定多数とヤリまくる人ってことだと思うのでやりまんであることに違いないです…」

わたしの長過ぎる話を聞き、明らかに困惑している矢柴でしたが、きちんと説明したいという気持ちが強く、つい熱くなってしまったのでした…

矢柴はどこへ行ってよいのか分からず適当に車を流しているという雰囲気でしたが気付くとすすきのに来ており、何の躊躇もなくラブホに入っていった。

わたし「唐突ですね…」

矢柴「モタモタしてたらまた君に怒られそうだから…」

ラブホに入ってサクサクとセックスする。
やたら「どんなセックスが好きなの?どんなことされたいの?」と聞かれ、めんどくせぇ…と思いつつも「キスが好き」と言うと、しつこくしつこくキスされる。そのあとおっぱい舐めて、まんこ舐めて、乳首が感じるから舐めてくれと頼まれ、相手の乳首舐めながら手コキする。

矢柴「どうかな…普通でしょ…?」

いやもう普通と言われたらその通りなんですけど、うん普通だねと応えるのもおかしいので「ちんこ大きいね」と言う。「そうかなー普通だとおもうけどなー」と矢柴。「大きすぎるちんこはお腹痛くなるけどジャストサイズって感じ」とわたし。

そのあと69して、あんあん言いながら一度逝く。ちょっと休もうか…となり、相手の仕事のことや、23歳に言い寄られて困ってるという話を聞く。

そんでそのあと付き合ってる人いるの?と聞かれ野菜の話をしたら「うーん、君のこと理解してるんだね。でもネトラレなんでしょ?」と。

わたし「ネトラレと言えばそうだけど、わたしが他とやったのを報告してくれと言うので、こんな事されたとか、こんなちんこだった…とか話しながらセックスするとめちゃくちゃわたしが興奮してる」

「まじ?そうなの?そうなんだ!?ほ、ほうー!」と嬉しそうにする矢柴。

その後はずっと言葉攻めというか
「他とどんなセックスしたの」
「ほらはっきり言ってみな」
「ちんぽ好きなんだろ」
「ただちんぽハメたくて会ってんだろ」
「いろんなちんぽハメたいんだろ」とか延々言われながらセックスした。
言葉攻めは好きなのでノリ良く「うん色んなちんぽとしたいのー」と言いながらする。

こういう場面で恥ずかしがったり躊躇してはいけないと思います…

そのあとバックでする時にめちゃくちゃお尻を叩かれ、終わってから「痛かった」と言うと「ごめんね痛かったね」と優しく頭を撫でながら言われ、なかなかこいつわかってる…と満足し何度も「痛かった」「うんうんごめんね」を繰り返す(バカ)

矢柴は「こんなエロいまんこの変態がセフレになってくれたら嬉しいなぁ」と言い「火曜休みなんでしょ?朝からやりたいんでしょ?おれ火曜の男になるから来週もしようね!」と言う。変態というかノリ良くしただけなんですけど…(気遣い)

そして「他とやってるとこ見せたいでしょ!?来週もうひとり呼んでそいつに犯されてるとこおれ見てるから。そのあと優しくハメてあげるから!」とワクワクしている様子…

わたし「何それ…もうひとりって誰かいるの?」

矢柴「いや募集すればいいでしょ」

わたし「…ナンネットですか…」

矢柴「いやーさすが詳しいね。こういう時はナンネットだよね」

めちゃくちゃはりきってるので3Pはやりたくないとは何となく言えず、力なく笑うわたし。
その後矢柴が射精するためにもっかい挿入したんだけど、ハメてる間ずっと「変態セックスしたいのぉ」と言わされました…(なんだろ変態セックスって)

まぁ…いい暇つぶしになりました(おい)

 

 

あなたの言動はボーダーを超えている

知らない人からメールがきたんですけど
「あなたの言動はボーダーを超えている。精神病か人格障害ではないか」という内容でした。

わたしが発達障害であることは間違いないんですけどだからといってどうすることもできず、どうしたいわけでもないのですけど、そもそもわたしは自分自身をどこか遠い世界の人間であるかのように意識することが多く、だから例えばどんなに非道なことをしても自分の身に起こった事とは自覚しておらず傷付くことも反省することも何もないんです。
あの人、今日もひでーなー…って思ってるだけなんです。

発達障害の特徴といっても広域すぎて
一言で語ることはできないのですが

例えば

①家事や雑用の段取りがうまくできない
これはほんとうにその通りでして、あらゆる家についての雑用は常にめちゃくちゃにとっちらかっています。何かの支払いとか書類の提出とか何かを更新するとか物凄く苦手で作業が遅く、すべてを忘れがちで結果、子どもがわたしの尻拭いをしなくてはならずかなりしっかり者になります(反面教師)ひとつひとつの用事がテトリスのブロックだとしたら、それがまったく組み合わずにどんどん積み重なり、子どもがそのブロックをきれいに並べ直して一段ずつ消していくような。それも己の無能ぶりから逃避するように「ほんとこのテトリスむずかしいわ…」と他人事のように自分を見ているっていう。

②自己評価や自尊心が恐ろしく低い
これもその通りで、昨日の日記にも書きましたが嫉妬することですら自分のような底辺が他人様に嫉妬するなど傲慢すぎる…という思いから嫉妬心すらも強い罪悪感を伴い落ち込みます。若い時は自分の呼吸により空気を汚すのが申し訳なく消えていなくなりたいという願望が強く自らゴミ袋に入ってみたりという奇行を繰り返していました。いやもうメンヘラといってしまえばそうなんですけど、スイッチのオンボタンが押しっぱなしになり制御ができなくなって動き続ける壊れたおもちゃといった感じでした。

うつ病や不安障害、過食、買い物依存などを併発しやすい
これは中年になり良くなりました。

④性的な問題を抱えやすい
しばしば性欲か低下して男性を受け付けなくなったり、逆に性欲が異常に亢進して痴女のように不特定多数の男性とのセックスを繰り返します。常に心の中が不安や葛藤でいっぱいになり、それがセックスで救われたという体験をすると中毒のようにそれを繰り返してしまうらしいです。まさにそれ。
【ネットの解説より】
彼女らは衝動的で新規開拓の傾向が強いですから、身の安全など考慮せず、危険な闇の世界へ足を踏み入れ、例えば非合法な裏風俗などで事件に巻き込まれけがをしたり命を落とすことも例外ではなく…

新規開拓…なんて隠微な言葉…
おちんぽ切り落としたいよまじで…
(ついてないけど)
これでも本当はつらいんですいくら他人事でも。

子どもが独立したら野菜と田舎に引っ込むんだ(夢)

闘うやりまん

普段から出会い系サイトで男漁りをしていると

「僕がムラムラを解消してあげますよ」

みたいな書き方のお誘いをいただくことがあります。
非常に上から目線のような物言いになってしまい恐縮ですが、完全に女性の買い手市場である出会い系においては見ず知らずの女性を誘う上でもう少し文面に気を使えばいいのにと思ってしまいます。

前述のような誘い方をすると結局女性のほうからお願いする言葉を言わねばなりませんが、女性であるということだけで日々誘いがどんどん来る中、一体どれほどの人がこちらから男性に対して会って欲しいとお願いをするだろうか…と疑問です。多分殆どいません。
どれほどいい男であっても言葉のニュアンスひとつで返信すら貰えません。もっと相手が返信しやすいような、そしてスマートなお誘いメールを書いたらいいのに…と思ってしまいます。

なぜ男性がこんな書き方をするのかと考えてみると
こういう男性は少しでも女性よりも上の立場でいたいという気持ちがあるのではないかと思います。
そして自分はセックスにより相手女性を絶対に満足させられる!というような傲慢な思いがあるのではないかと。それが透けて見えてしまうと途端に興醒めしてしまうのです。

そして昨日、この事に関連した非常に興味深いメールを女性からいただきました。

『突然なんですが、あなたが言ってることの中で、「速攻ホテルに行きたい」というのがめちゃくちゃわかります。変に高い食事ご馳走されて借りを作りたくないし。。
すでにセックスしててなかよしならともかく、見も知らない相手に話すことなんてないし、聞きたいことなんてねーよ!!と思ってしまいます。
今日というかさっき、24時半ごろ、アダルト掲示板の「すぐ会いたい」に投稿してた男性と何通かメールして会ってきたんですが、対面して早々「どうする? 何かしたいことある?」って言われて、言わずもがなセックスに決まってるよ~~女にホテル行きたいとか言わせないでくれ…と思いながら、「なんでもいいですよ」(=ホテルでいいですよ)と言ったら「飲みにでもいきましょうか? ○○(飲み屋)とかすき?」と言われて、しょうがないから痺れを切らして「ホテル行きたいです」って言ったんですよ。
そしたら若干びっくりされて、「そうかそうか、そういうときもあるよね。なんかさみしかったのかな?」と言われて、手差し出されてしまい(繋ごう的な)、いやさみしいとかじゃなくてこちとら純粋におちんぽがほしいんだよ!!会ったばっかの知らない男と手なんか繋ぎたかないよ。。と思って、歩いてる間も特におもしろいわけでもない身の上話をされて、セックスしたい欲が薄れて結局帰ってきてしまいました。。』

やりまん女性が見ず知らずの人とセックスをしたい時、もちろん人それぞれ思いは違うと思いますが本当に単にやりたいだけの場合が多いんです。むしろ勘違い男性が考えるような精神的な結びつきが欲しいとか恋人ごっこをしたがっていると思われたんじゃ、やりまんのプライドはがたがたと崩れる落ちてしまいます。自分の意志でセックスをしている、という事を軸にしなければやりまんはセックスできません。

ですがそのセックスをする上で
女性は身体的特徴により受け身の立場になってしまうのですが、やりまんにおいては絶対に受け身ではいたくありません。それはプレイ内容のことではなく、もっと深い精神世界において、男性と平等でありたいという強い気持ちからきています。

男性がその気持ちを汲むことなく「そうかそうか、君は寂しかったんだね。どれどれぼくの優しさで満足させてあげるよ」という勘違い甚だしい傲慢な態度を取ってしまうと、メール主のように途端に気持ちは覚めてしまうのです。

お金の対価としてセックスをする割り切り女性に比べ、タダで知らない男性とやりまくるやりまんは「なぜセックスをしたいのか」という境界線が非常に曖昧です。その殆どが生育歴に起因しており、忘れたい過去であるため自覚が難しい。性欲が強いとか男性脳であるとかいう陳腐な言葉では決して説明がつきません。過去、男性不信に陥るような何か強烈な体験をし、それでも絶望することなくやり場のない思いを昇華するために、男性に対してある種の期待を持って不特定多数とのセックスを繰り返します。
やりまんは簡単に股を開く便器、というレッテルを貼られてもなお、たったひとりで過去の自分と対峙し続けるフェミニストであるとわたしは思うのです。

ヘンリー塚本作品に出てきそうな男に会う

出会い系サイトで「突然ですがセックスしませんか。会ったことはありませんが、会えばきっと あーコイツかと思います。とりあえず返信待ってます」と気になるメールが来る。

その人のプロフを見てだいたい見当はついたのですが「どなたですか?」と返信。すると「以前◯◯の件でやり取りしたことがあるんですが」と。

それでもう誰かということを確信したので
「Aさん関係の方?」と返信する。

Aさんは少しの期間、日記やつぶやきのコメントをやり取りしてた女性だった。原因はよくわからないけどAさんのわたしへのコメントがやや尖り出した時があり、何か気に触ることでも書いたかなぁと気にしていたのだけど、
そのうちフォローを外されたんで、いい機会だと思って無視リストに入れた。
フォロー外されたくらいで無視リストに入れる事はないかも知れないけど、わたしにとってAさんは特別な存在だった。
彼女とは非常に考え方が似ており、そして人生の歩みも似ていた。わたしはこれまで、自分に似た人と2度出会っているが、ものすごく仲良くなったあとに絶縁してる(2人とも)とても似ているし、またそれが特殊な環境であったので強い仲間意識を持ってしまうのだけど、似ていることで、ぶつかることも多かった。
Aさんにはそんな雰囲気を感じてた。会ったことはないけれど、多分3人目の似てる人だろうなと思った。だからフォローを外された時、それは起こるべくして起こったことのように感じたし、わたしももう一切の関わりを持ちたくないという気持ちになった。

そんでAさんがお付き合いしてたのがメール主らしいんですけど、お誘いメールが来て速攻でAさんの日記を確認。するとやはり別れた内容の日記が書かれており、それがまた昨日のことであったので多少ためらう気持ちもあったが好奇心のほうが強く会うことを即決する。友達の彼氏が欲しくなっちゃう女子とかたまにいますけど、わたしはそういうんじゃないんです。
ただ…本当に面白いことに常に飢えていて、もうなんでもいいからネタになるようなことが欲しい。ただそれだけなんです。

それとまぁ、Aさんは彼氏との官能的な日記をたまに書いていたので、それを読んで「セックス上手そうだなぁ…」と感じていたのも事実であります…(おい)

あとはまぁ、Aさんとわたし、前述のとおりすごく似てるんで、Aさんがそんなに気に入ってた男性ならばわたしとも合うかなー?とそんな軽いノリでありました。

そして待ち合わせに現れたメール主を見て
「ヘンリー塚本やん…」とわなわなするわたし。

ヘンリー塚本風のスペック
年齢:50歳
身長:170センチくらい
体重:75キロくらい
性格:穏やかそうだが元ヤン臭すごい(刺青入り)
ちんこ:不明

見た目はヘンリー塚本の動画でわたしが最高に興奮する類の肉感的なエロそうなおじさんという感じだった。
悪人ぽい雰囲気だったが口調は穏やかで「緊張するからサングラスかけてんだよ」と言った。
やはり一応の共通点であるAさんの話になったが、お別れの原因はAさんの強過ぎる猜疑心のためということで、わたしには何も言えることがなく「やっぱり男女のもつれでお別れする人が多いんですねー」と言う。
ヘンリー「いや俺なんにもしてないんだよ。浮気なんて一度もしなかった。向こうがとにかく疑って、気がおかしくなりそうと言い、別れることになった。訳がわからない」とのこと。

その後わりと長くその話が続き、もしかして愚痴が言いたくてわたしを呼んだのだろうか…という気もしてきて「なぜわたしに連絡してきたの?」と聞いてみる。

ヘンリー「いやそりゃ、エロそうな人だなあと思ってたから。あなたにはぜひ会いたいと思ってましたよ」

わたし「それだけ?」

ヘンリー「へ??それ以外なにかあるの??」

Aさん関係の方ということで少しの期待…(理解者的な)があったが単にすぐやれそうな女ということでメールしてきたようだった。でもまぁとりあえず楽しくセックスしようと思った。なんといってもヘンリー塚本動画風だし…

ヘンリー「でも最近の日記は読んだし、それに野菜にメールしたことあるよ」

わたし「なんのメール?」

ヘンリー「ほっき貝どこで採ってるの?って」

ヘンリーの趣味もアウトドアな感じで、またそれがとても似合う雰囲気だった。やはり狩りをする男っていいなと思う。Aさんとはそんな趣味も合っていたとのことで、浮気もしてない単なる猜疑心のみでお別れするなんて勿体ないなぁと思った。ただ…嫉妬心というのは本当にどうしようもないものなんだと話を聞いていて思う。わたしにも多少の嫉妬心はあるんだけどやっぱりあんまり理解できない。

ホテルに入るとそんなに話もせずサクサクと風呂に入りセックスした。ヘンリーはかなりクンニが丁寧でそして長時間…2時間くらいセックスしてたけど殆どがクンニっていう。文句も言わずひたすらクンニ…正直、こういう男性ほんとうに貴重だと思いました。
ただヘンリーは勃起せず、少しだけフェラしたり手こきしたりしたがふにゃふにゃのままだった。
「緊張してるのもあるけど少しまえからインポ気味」とのこと。セックスレスになりかけてたからそれも別れる原因だったのかなぁ…と。
…だけどこんだけクンニされたら挿入しなくてもいいような気がする。
そのあと一応、半勃ちのちんぽ挿れたけど、1分くらい経ちそろそろ勃起するかなぁと思ってたところで射精してしまう。
唖然とし「なんで射精したの?勃起してないのに??」と聞くと「いやすみません…ほんと俺最低だね…日記になんて書かれるんだろ…なぜか出てしまいました…」とヘンリー。
半勃ちで射精(しかも超早漏)って初めてのことだったのでほんとうにびっくりして「なんで射精したの?」としつこく聞いていたら「ほんと申し訳ない、すみません」と笑いながら言う。
そのあと少しお話してから「オナニーすっかな」と私がおもむろに言うとヘンリーが「お手伝いしましょうか」というので電マで逝かせてもらう(瞬速)

魚のさばき方を教えてくれるらしいし
何と言ってもクンニがうまいので(インポだけど)
出来たらセフレになりたいなと思うのでありました。

潮吹き時に出る液体成分について

最初に潮吹きしたのは19歳くらいなんですけど、その時は確か潮吹きという行為はあまり一般的ではなかったような気がします。なので、自分が潮吹きしたことあるという自覚が殆どありませんでした。

その当時の潮吹き彼氏はまんこに拳を全部入れて搔き回す人で、それをされると逝きながらブシュワーと盛大に潮吹きしてしまっていました。それがめちゃくちゃ気持ち良くて友人にも「うちの彼氏は手マンがやたら上手くてすごく濡れる」と自慢げに語っていました。フィストファックという単語も知らず、もうとにかく「手を全部入れるやつやって」とお願いして麻薬患者のように激しい手マンに溺れておりました。

その頃に潮吹きしたのはその人とだけで、そんなこともすっかり忘れていました。

それから20年ほど経ち(ずいぶん経ったなぁ)ヤリマン活動を再開した1年前、世の中はすっかり潮吹きが一般化していました。
何人目か忘れたけど、フィストファックではなく軽い刺激で盛大に潮吹きしてしまい「な…んだ…これ…」と衝撃を受けました。当時ほどの快感はなかったけれど、その後次々と潮吹き行為をする人が現れ、わたしはすっかりそれに魅了されてしまいます。

野菜にそれを話すと、とりあえずフィストファックしてみたいということでチャレンジしてみましたが拳はまったく入りません。19歳当時は超ヤリマン期で、1日3人くらいとセックスするとかいう日がザラだったので(さらに風俗店勤務)まんこの許容量が最大だったのかも知れません。
(ゆるマンじゃないよ!)

で、そのあと野菜に「潮吹きしてる人はこんな感じでやってた」とやり方を伝えると、彼もそれができるようになり今はセックス5回に1度は潮吹きしてくれます(あんまり頻回にやるとペットシーツが勿体無い)

で、潮吹きのときに出る液体なんですけど無味無臭なんですよね。じゃっかん生臭いような気もしますが殆ど臭わない。
もともと衛生観念が薄いのでシャワーとか浴びずにそのまま寝てました(朝は普通にシャワーするんですよ…)
昨夜いつものように潮吹きしてたんですけどズボンが自分の膝のところにまだ引っかかっており、潮吹き液体がかかったんですね。朝にそれ着て帰らなきゃいけないんで、そのままハンガーに干して寝ました。
朝になり普通にそれ着て家に帰り、ズボンを何気なく匂ったらくさい…激臭ではないけれどまあそこそこくさいんです(お昼に何の話)

なにこれ…とビビり、何にびびったかというと
時間経過により、そんなにおいが出てくるものを大量放出しておいてシャワーも浴びずにお布団でスヤスヤ寝ていたということです。汚ねぇよ…

あせって潮吹き液体の成分を調べたんですけど、よくわかってないみたいですね。でも前立腺由来のものと膀胱由来のものがあり、そして大量に出るものは膀胱由来と考えられ尿の成分が入っているらしいです。

というわけで、今後は潮吹きしたらすぐシャワー浴びようとおもいます。